フォローする

介護,老化,高齢者

1、手引き歩行介護  介護者と要介護者が互いに向き合い、両手を取って歩く介護方法を言います。手引き歩行介護の最大の利点は、両手をつないだ状態のため、前後への転倒を回避しやすい点にあります。歩行障害が重度で転倒のリスクが高い場合や、短い ...

介護,高齢者

移譲介護といえば、移動に車いすを使うときに必要な介護が主体です。車いすは、ベットとどんな角度で設置するのが良いのでしょうか?科学的な分析を行なったという報告はなかなかありません。一般に言われているのが、14度から30度で人によって変わ ...

介護,老化,高齢者

ベッドからの起き上がり介護(起き上がる)→端座位(ベッドの端に座る)へ

食事や入浴、排泄などのために離床するときに必要な介護動作です。ベッドからの起き上がり介護で第一の注意点は、ベッドからの転落事故ですから起き上がりの介護 ...

介護,老化,高齢者

1、サルコペニアと言う言葉

サルコペニアと言う用語は、ギリシア語で筋肉を意味する「sarco(サルコ)」と喪失を意味する「penia(ぺニア)を組み合わせた造語のようです。その意味は、加齢による骨格筋量低下あるいは虚弱化を ...

介護,老化,認知症,高齢者

今は、ボディメカニクス8原則に加えて重要な2つのポイントあると言われています。

ボディメカクスの8原則を理解した上で実践すると介護者の身体的負を減ずることができますが、より効果的に実践することが肝要になります。そのためのポイント2つあり ...

介護,健康,健康,高齢者

ボディメカニクスは、身体力学を活用した介護技術です。このボディメカニクスを活用すると要介護者の不安、苦痛を減ずることだけでなく介護者の腰痛予防にはじまる身体負担の軽減にもつながります。

さてさて、ボディメカニクスとはどんな ...

健康,老化,認知症,高齢者

昨日書いた糖尿病とアルツハイマー型認知症の研究は、久山町研究と呼ばれる大規模な生活習慣病の疫学調査結果です。現在は認知症に関する調査も行われていて、その成果は認知症の基礎データとして利用されています。この久山町研究は福岡県糟屋郡久山町 ...

健康,未分類,高齢者

1、便秘とは

食べた物が、便として出てくるまでの消化器は長さが約9m、中でも腸は6m近くあります。小腸では栄養が消化吸収、大腸で消化されなかった食物から水分を吸収して、便がつくられます。

一般的には、3日以上排 ...

老化,認知症,高齢者

1妄想とは妄想とは、認知症の症状のひとつで、事実でないことを本当に起きたことのように信じ込んでしまうことです。なんとも現場に立つと大変ですが最初に感じるのはほんとかいな?ってことでしょうか。
なぜ妄想を引き起こすのか?その背景には認 ...

介護,老化,認知症,高齢者

暴言・暴力は、老人福祉施設などで働く介護に携わる者にとって 対処に苦慮する問題の一つです。老人福祉施設に入所する認知症高齢者のう ち約1割が暴力を振るったり暴言を吐いたりするという報告があるくらいですから、暴言・ 暴力の頻度は小さくあ ...