フォローする

健康,未分類,高齢者

1、便秘とは

食べた物が、便として出てくるまでの消化器は長さが約9m、中でも腸は6m近くあります。小腸では栄養が消化吸収、大腸で消化されなかった食物から水分を吸収して、便がつくられます。

一般的には、3日以上排 ...

老化,認知症,高齢者

1妄想とは妄想とは、認知症の症状のひとつで、事実でないことを本当に起きたことのように信じ込んでしまうことです。なんとも現場に立つと大変ですが最初に感じるのはほんとかいな?ってことでしょうか。
なぜ妄想を引き起こすのか?その背景には認 ...

介護,老化,認知症,高齢者

暴言・暴力は、老人福祉施設などで働く介護に携わる者にとって 対処に苦慮する問題の一つです。老人福祉施設に入所する認知症高齢者のう ち約1割が暴力を振るったり暴言を吐いたりするという報告があるくらいですから、暴言・ 暴力の頻度は小さくあ ...

介護,老化,認知症,高齢者

1、徘徊と介護者 

認知症の症状の一つである徘徊は、近所の人や警察を巻き込む可能性があるため、介護する側にとって大きなストレスです。徘徊は認知症の周辺症状と呼ばれる症状の一つで、家の中だけでなく外に出て、あてもなくうろうろ ...

介護,認知症,高齢者

1、気づく!

認知症の種類によって初期症状は異なります。どんなできごとがきっかけで気づくのでしょうか?一般によく言われているのはもの忘れが初発症状と言われています。

初期から「理解や判断速度の低下」や「集中力・ ...

介護,認知症,高齢者

1,脳血管性認知症の発生

脳梗塞や脳出血などの脳血管障害によって発症する認知症を脳血管性認知症と言います。当然ですが、脳の障害を受けた場所や障害の程度によって症状が異なります。

脳血管に障害が起きると、その周辺 ...

介護,高齢者

1、前頭側頭型認知症

1892年、チェコカレル大学アーノルドピックが「老化性脳萎縮と失語症との関連」と題した症例報告で前頭葉と側頭葉の著明な萎縮を呈する精神疾患を最初に報告してから1906年までにピックは同様の報告を何回か ...

介護,認知症,高齢者

1、アルコール性認知症

 読んで字のごとく、アルコールの大量摂取を続けることを原因に発症する認知症のことを言います。ただ、この言葉は医学用語ではありません。アルコールの大量摂取によって脳が委縮することや、大量摂取で起こる脳 ...

介護,老化,認知症,高齢者

1、アルツハイマー病

 アルツハイマー病の名前は、独の医者アロイス・アルツハイマーに由来しています。アルツハイマーは、独ミューヘン大学で精神医学の大家であるクレペリンもとで研究をしていました。同じ教室には、後にレビー小体を ...

介護,認知症,高齢者

1、パーキンソン病

1817年、英国のジェームス・パーキンソンが振戦麻痺について報告しました。これが現在パーキンソン病と呼ばれている初めての報告です。

もうお分かりと思いますが、最初の報告者の名前がついた病気で ...