タイルの目地を掃除した

特養は新築から数年経つと独特の据えた匂いがするようになるし、台所や浴室はカビの温床になる。当特養でも御多分に洩れず黒カビと赤カビの繁殖に悩まされている。独特の匂いについてはや次亜塩素酸ソーダを噴霧して意外にうまくいっている、次亜塩素酸水を作ることは結構手間がかかるのだが匂いの方はなんとかなったが、カビの方はというと・・・・

数年前から特養の掃除をしてきた。特に外側のベランダや風呂場の清掃やベランダの清掃それに花壇の雑草とりと・・・仕事に遑はない。

この頃はカメラを持って使用前使用後みたいなものを撮って比べて悦に入っていた。はっと気がついて本当に綺麗になっているのだろうか?ちょっと気になり出した。

考えてみると清掃は4、5年前からやっている仕事だ。まあ、理事長がやるのはどうかという議論はあるがそんなことは知ったこっちゃない。

自分にも歩ルーシみたいなものがあって”汚くしてある会社は繁盛しない”というのが自分のポリシーだ。特養は綺麗にしているつもりでもなかなか綺麗にならないところもあるので色々工夫しながらやっている。

ということで、昨日の午前中、機械浴室の清掃をやろうと決めて、初めに除草剤を花壇に撒いて、次に機械浴室タイルの目地にひっついている赤カビ黒カビ軍団をとっちめて綺麗にすることが目的だ。

始める準備にケルヒャーの高圧洗浄機を持ち出した。まあ、力任せ・強引に赤カビ黒カビを退治するぞと意気込んでいた。

まぁ〜これで何回目だろうか高圧洗浄機で機械浴室を清掃するのは頭の片隅には同棲また生えてくるんだろうな〜という気持ちがちょっとあったけれどそれはそれ!

始めようとしたら、施設長がやってきて「まずはこれを使ってください」ときた。「なんだ?そりゃ」とよくみてみたらJohnson&Johnson社製 強力カビキラー「これ聞くらしいですよ」「そりゃ、なんだい昔何年前だか忘れたが、全然落ちなかったじゃないのさ」「それが解消されて結構落ちるらしいですよ」「ふ〜む、わざわざかったのか?」「去年買ったのがまだ使っていなかったんです」「まあ、それじゃ使ってみるか。どうせ落ちるとは思わないけれど」なんてやりとりがあって使ってみることにした。

まずは機械浴室のタイルの目地に沿って強力カビキラーをかけて〜とあらら、ちょっと足りないじゃないのさ。部屋全部にかけることはできなった半分いや3分の1ぐらい分量しかなった。まあ、どうせうまくいかないんだからと、ケルヒャの準備をしながら強力カビキラーが乾くのを待っていた。

15分から30分ぐらい経って乾いてきたので水をかけな柄ブラシで軽く流していら、な、なんとタイルの目地が綺麗になっている!驚いた。

ほとんど、カビが取れている。「これはすごい」なんとも綺麗になっていく!機械浴面積3分の1しかできていないので、早速アマゾンで強力カビキラーを買い込んでと来週機械浴全部と個浴室を清掃したいと思っている。

そう簡単にはいかないとは思うのだけれどそれでもさ〜これだけ綺麗になるのだからいい感じに使える。もう高圧洗浄機は浴室清掃に必要ないのかもしれない。

まるで、使用前使用後だ!ただし、他の製剤と混じると危ないガスが発生するらしいので要注意らしい。それでも恐れ入った。赤カビ、黒カビ退治に活路を見出した!ことが収穫だった。

ふ〜、満足!満足!

カテゴリー: 未分類, 特養, 雑感 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です