フォローする

歩行介護(歩く)

1、手引き歩行介護  介護者と要介護者が互いに向き合い、両手を取って歩く介護方法を言います。手引き歩行介護の最大の利点は、両手をつないだ状態のため、前後への転倒を回避しやすい点にあります。歩行障害が重度で転倒のリスクが高い場合や、短い距離を移動する場合に適した介護方法と言われています。

ただし介護者は後ろ向きに歩くことになるため、介護者自身が転倒する恐れがあります。介護者、要介護者ともに転倒事故につながる場合も想定できますから、進行方向の障害物には十分な注意が必要です。手引き歩行に限らず、歩行の介護を行う場合は障害物を事前に除去しておくことも事故防止につながります。

2、寄り添う歩行介護 介護者が高齢者の横に立ち、一緒に歩行する介護方法です。右利きの高齢者の場合、原則として介護者はその左側に立ちます。寄り添う形で相手の脇に右腕を差し込み、左手で相手の左手を握ります。左利きはその逆です。この方法は、お互い前方を向けるためストレスが少なく長い距離を移動する歩行介護に適した介護方法です。

脳血管障害などの後遺症によって片麻痺が見られる人を介護する場合、介護者は麻痺側に立ち、相手の腰に腕を回して体を支えます。歩行介助に慣れていない場合や転倒の可能性が高いと思われる場合は、相手のベルトなどの装着物をつかんで体を保持することも有効な方法です。

①介護者は要介護者の利き腕と反対側の横に立ち、脇に手を入れ身体を支えます。片麻痺があれば麻痺側に立ちます
②反対側の手で要介護者の手を下から支えるように軽く握ります。
歩調を合わせて、慌てずゆっくりと歩きます。

■歩行介護のポイント
要介護者は動きやすい衣服と滑りにくい靴を着用する。
片麻痺(かたまひ・へんまひ)等がある場合には、介助者は原則として患側(麻痺がある側)に立ち、ない場合は利き腕の反対側に立ちます。

3、階段昇降時の歩行介護 階段を昇り降りする際の歩行介護のやり方について

杖を利用している高齢者の場合、 

昇るとき:杖→まひのないほうの足(健足)→まひのあるほうの足(患足) 降りるとき:杖→まひのあるほうの足(患足)→まひのないほうの足(健足) の順番で動かしてもらうと良いようです。常に、健足に重心をかけることを意識させるようにするとより安全に移動が可能になります。

杖を使わない高齢者の場合は、かならず片手で手すりをつかんでもらうようにして、介護者は、昇るときは被介護者の斜め後ろ、降りるときは斜め前に立って、万が一バランスを崩した際に支えられるよう見守ることが事故防止につながります。

4、相手のペースに合わせることが歩行介護の基本 ここまで歩行介護のポイントを押さえてきましたが、歩行介護で最も重要なポイントは相手のペースに合わせることです。 休み休みでなければ歩けなくとも、少し動くだけでも数分かかるとしても、焦らず辛抱強く付き合うことが大切です。急がせてしまうと事故にもつながる可能性も出てきます。介護者はストレスを感じますが、もちろん要介護者は介護されることをストレスに感じると思います。自分自身でも思い通りにならない部位がある、相手にもそ言う部分があると言うことを理解したうえで、歩行介護を行うことが安全性を確保した上で充実した歩行介護になっていくと思います。