フォローする

起き上がり介護とボディメカニクス

ベッドからの起き上がり介護(起き上がる)→端座位(ベッドの端に座る)へ

食事や入浴、排泄などのために離床するときに必要な介護動作です。ベッドからの起き上がり介護で第一の注意点は、ベッドからの転落事故ですから起き上がりの介護では特に注意して対応することが必要になります。

①初めに寝返る方向の反対側に要介護者の体をずらします。
②起き上がる側に寝返り介護を行い、要介護者の体を横向きにします。
③介護者は、要介護者がベッドの端に座った際に身体を支える位置に立ちます。
④介護者の腕を要介護者の首の下に差し入れ、もう片方の腕は膝に添えます
⑤要介護者の両膝から足先までをベッドからおろしながら
⑥要介護者の上半身を起こします。
臀部(おしり)を軸にして頭が孤を描くように起こします。
⑧ベッドの端に深く座ったら倒れないように支えます

とまあ、一連の動作を文章にしてみましたが、すこし注釈をいれると、

①初めにこれから行う起き上がり介護を実施する上で、要介護者の体を移譲する際、転落防止を含めた安全確保に必要な空間の確保に適切な位置を確認し要介護者の体を移動します。実施する際は引く動作を中心に行います。(予測の介護)
②要介護者が起き上がる側に寝返り介護を行い、要介護者の体を横向き、いわゆる側臥位とします。
③介護者は、要介護者がベッドの端に座った時にに身体を支える位置を予測してに立ちます。(予測の介護)
④介護者の腕を要介護者の首の下に差し入れ、もう片方の腕は膝に添えます。(介護者の重心を下げ、要介護者の重心に介護者の重心を下げます。その上で介護者は複数の大きな筋群を使う準備に入ります。
⑤要介護者の両膝から足先までをベッドからおろしながら
⑥要介護者の上半身を起こします。(臀部を支点にし、体軸を中心線として起こします。てこの原理を使います)
てこの原理を意識し、臀部(おしり)を軸にして頭が孤を描くように起こしていきます。
⑧ベッドの端に深く座ったら倒れないように支えます

■起き上がり介護のポイント
動きが大きいので、転落防止等の安全管理が大事です。そのためには介護者の予測精度が重要になります。最終形を見定め動く範囲を予測して要介護者の位置と介護者の位置関係を把握します。そのうえで、介護者と要介護者の重心、支点、軸を考慮しながら介護を実施します。