フォローする

サルコペニアって何?

1、サルコペニアと言う言葉

サルコペニアと言う用語は、ギリシア語で筋肉を意味する「sarco(サルコ)」と喪失を意味する「penia(ぺニア)を組み合わせた造語のようです。その意味は、加齢による骨格筋量低下あるいは虚弱化を言います。この概念は1989年、米国栄養学者ローゼンバークによって提唱されました。日本語では筋肉減少症と呼びますが、日本でもサルコペニアと言う言葉の方が一般的になっています。

2、サルコペニア

高齢になると転倒、認知機能の低下、骨粗鬆症、筋肉の衰弱、歩行障害など生活に影響をもたらす症状が現れます。その中で筋肉量減少症をサルコペニアです。サルコペニアに罹患すると身体機能を低下させ、転倒・骨折や廃用症候群(寝たきり)の一因となり介護状態に至ります。その他、日常生活動作や生活の質を劣化します。それが故に、サルコペニアは健康長寿の実現に対する大きな障害と言っても過言ではありません。

3、サルコペニアの3分類

  1. プレサルコペニア 筋肉量の低下だけを示す
  2. サルコペニア 筋肉量の低下に、筋力または歩行速度などの身体能力のどちらかの低下がみられる 
  3. 重症サルコペニア 筋肉量も筋力も身体能力も低下する 

の3種類に分類されます。サルコペニアは、筋肉減少症ですから、筋肉の動きを把握しておくことが重要です。と言うことで、筋肉は、主に運動による刺激や栄養摂取などによって維持増加すると言われています。人は筋肉の合成と分解を1日中繰り返しています。

成長期では合成と分解バランスが増加の方向へ進んでいて、十分な量のタンパク質摂取により筋肉は増加していきます。ところが、高齢者になると運動や食事の摂取による筋肉の合成が減少の方向になり低下してきます。特に、食事量、タンパク質摂取量や運動量の減少により、合成・分解のバランスが崩れることで、筋肉が減少する傾向となります。結局、加齢よる筋肉量の低下がサルコペニアの原因ということになるのでしょうか?サルコペニアは、他の筋力低下と違い様々な要因が複雑に絡み合うことで筋肉の減少となりますが、詳細な部分については未だ解明されていないのが現状です。

・加齢
・活動量の低下
・低栄養
・生活環境
・生活習慣
・体質
・さまざまな病気  など