フォローする

ボディメカニクスって何?

ボディメカニクスは、身体力学を活用した介護技術です。このボディメカニクスを活用すると要介護者の不安、苦痛を減ずることだけでなく介護者の腰痛予防にはじまる身体負担の軽減にもつながります。

さてさて、ボディメカニクスとはどんなことを言うのでしょうか?簡単に言うと解剖学、生理学、力学などの基礎的知識からその仕組みをよく理解し介護の現場に応用すると言うもので自分の体重と重心の移動を上手に使い無理なく介護を行うことです。と言うことで、ボディメカニクスを具体的に利用する時の基本を考えるとすぐに頭に浮かぶのがボディメカニックスの8原則ってやつです。

ボディメカニクスの8原則

①介護者の支持基底面を広くする
支持基底面とは、足裏など床と接しているところで囲まれた足下の面積のことです。介助者が足幅を前後・左右に広めに開くことで、立位姿勢の安定性を高められます。

②要介護者と介助者との重心を近づける
双方の身体の重心を近づけることで、移動の方向性がぶれずに一方向に大きな力が働くため、少しの力で容易に介護ができるようになってきます。

③大きな筋群を使う
腕や手先だけではなく、足や腰などの大きな筋肉を意識しながら介護をします。腹筋・背筋・大腿四頭筋・大殿筋などの大きな筋肉を同時に使うことで1つの筋肉にかかる負荷が小さくなり、少ない力で介護することが可能になりあす。

④要介護者の身体を小さく球体にまるめる
介助される方の腕を胸の前で組む、膝を曲げるなどして、身体をできるかぎり球体に近づけ、ベッドなどに接する面を小さくします。そうすることで力の分散を防ぎ、介護がしやすくなります。

⑤介護者のの重心を低く落とし、重心移動で動かす
介助者が膝を曲げて、腰を落とす(重心を低くする)ことで、姿勢が安定し、腰への負荷も小さくなります。足先を移動する方向に向け、介助者の膝の屈伸を使って重心移動で動かすと、スムーズに移動することができます。

⑥ 要介護者の身体をねじらない
身体をねじると重心がぐらついて不安定になります。また腰痛の原因にもなるため注意が必要です。介護者の足先をあらかじめ動作の方向に向けておくと、身体をねじらずに姿勢が安定します。

⑦押さずに引く
ベッド上などで、介助される方の身体を左右に移動するときなどは、押さずに手前に引きます。押す力より引く力の方が少しの力で移動がうまくいくようです

⑧てこの原理を利用する
てこの原理であるところの作用点(力が働くところ)、支点(支えるところ)、力点(力を加えるところ)の3点の関係を上手く利用し、小さい力で重いものを動かすことができる仕組みです。介助者自身の肘や膝などを支点として、介助することを意識します。

ボディメカニクスのメリットは何と言っても介護者の負担軽減です。特に腰痛は介護者の中で非常に大きな悩みの一つと言えます。

ボディメカニクスを使うことにより、介護が効率良く行うことが出来ますので、介護者の負担を大幅に減らすことが出来ます。介護に負担が掛かってしまっては長期間の介護がをすることは出来なくなってしまいます。

さらに、介護者の私生活にも支障が出てしまっては悪循環です。介護施設などでは用いられている手法ですので、自宅介護などで大変な思いをされていると言う方は是非ボディメカニクスを利用して下さい。

ボディメカニクスは介護者にとっては非常に利点の多い方法です。

しかし、ボディメカニクスを実践するためには介護をされている方の協力も必要となってきます。例えば、ボディメカニクスを実践するため、時には要介護者の方に無理な姿勢を取らせてしまうことがあります。

その際、要介護者の方の身体に悪影響を及ぼすほどに無理な体勢をさせてしまわないように気を付けるのはもちろんのこと、普段と異なる体勢に変えたいときも、必ず一言添えるようにしましょう。

あくまでも利用者のための介助ですので、その前提が覆ってはいけません。ボディメカニクスを実践する際には利用者の方に無理がないかどうかを確認するようにして下さい。