フォローする

久山町研究について

昨日書いた糖尿病とアルツハイマー型認知症の研究は、久山町研究と呼ばれる大規模な生活習慣病の疫学調査結果です。現在は認知症に関する調査も行われていて、その成果は認知症の基礎データとして利用されています。この久山町研究は福岡県糟屋郡久山町の住民を対象に九州大学が主体になって行なっている疫学調査と呼ばれているものです。この研究は、1961年の脳卒中の調査から始まり、現在生活習慣病全般をテーマに研究が続けられています。すごいですね!なんと言っても60年も続いている追跡調査研究です。

1、疫学調査って?

久山町研究で行われている疫学調査とは、特定の集団を対象に感染症や生活習慣病などの頻度や分布を調べ、その発生要因について統計学的に調査するものです。追跡調査とかコンホート研究とか呼ばれていますが、この分野での研究としては世界的に有名です。

2、研究のはじまりと今

久山町研究は、1961年から始まりましたが、日本の死亡統計を見直すことを目的に始まりました。この調査の主たる目的は、当時死因第一位であった脳卒中の実態や要因が明らかにすることでした。そこで得られた結果から予防対策がとられ日本は、世界一の長寿国になることができたと言われています。この研究は、その後高血圧・心疾患・糖尿病などの生活習慣病を対象として継続され、世界初の認知症の追跡調査でも、詳細なデータから様々な関連性を指摘と様々な取り組みを行なっています型住民の意識が非常に大事になります。

研究成果の1例として日本の生活習慣病を予測すると、2025年に認知症患者が700万人に達するという数値もこの久山町研究のデータから算出されたものです。

3、久山町研究の特徴

この研究に久我山町選んだのがすごいことなのです。さてさて、なぜこの町が選ばれたのでしょうか?久山町の住民は、全国平均とほぼ同じ年齢・職業分布を持っているそうです。ちょっと下品な言い方をすれば偏りのない日本人のサンプル集団だったからだそうですが、住民の理解と大学の長年続く熱意が、成果を上げているという大きな要素だと思います。今では都市計画によって現在まで維持されており、この町で起こっている現象は、同時に日本で平均的に起こっていると考えられています。

この地域的な特徴に加え、以下に挙げた特徴から、久山町研究は精度が高く世界でも類を見ない調査として認められています。

その特徴は、①全住民が対象:40歳以上の全ての住民を5年ごとに新しく追加し、生活習慣の影響や危険因子などの変化を調査をしていること。②健診や往診の正確さ:研究スタッフの正確で一貫した検査や対応により、総合的に把握し診断することが可能にしていること。③高い受診率:80%の高い受診率で、他の地域と比較し調査の精度が高く、実態を正確に把握出来ること④高い解剖率:75%という世界に類を見ない剖検(病理解剖)率の高さにより住民の死因を正確に調査ができること。⑤:高精度な追跡調査数例の行方不明を除き、追跡率は99%以上。精度の高い追跡調査が可能ここまで書くと谷類をみない精度が得られていることがわかります。特に目を引くのは、受診率、解剖率の高さ、追跡率の高さです。

4、認知症の調査です今までに分かっていること

1985年に65歳以上の住民を対象として始まりました。調査の内容は認知症の有病率と日常生活動作で、その後1992年、1998年、2005年、2012年にも同様の調査が実施され、受診率はいずれも92%以上と高いものでした。これらの調査により、認知症に関して以下の8項目について分かっています。

A,アルツハイマー型認知症の急増 1998年から2012年にかけての調査によると、認知症の有病率は時代を経るごとに増加しており、特にアルツハイマー型認知症の有病率が急激に上昇していることがわかっています。今後人口の減少も視野に入れると、2040年ごろには国民の10人に1人が認知症という社会になる可能性も見えてきました。

B,60歳以上の高齢者は2人に1人が認知症に 2014年の発表では、追跡調査のデータから健常高齢者が生涯に認知症になる確率を試算し、55%という結果が出ています。高齢者夫婦のどちらかは、いずれ認知症になることや、結婚すると4人の両親の内の2人が認知症になることが予測されています。

C,糖尿病の人は認知症になりやすい 糖尿病の人は通常の2.1倍、耐糖能異常の人は1.6倍アルツハイマー病を発症するリスクが高くなります。脳血管性認知症に関しても、糖尿病の人は1.8倍発症リスクが高くなることが分かっています。

D,50年で認知症の要因となる糖尿病が増加 糖尿病の有病率は1961年の男11.6%、女性4.8%から、2002年にはそれぞれ54.5%、35.5%まで男女とも大幅に増加しています。現在久山町の40~79歳の男性の約6割、女性の約4割が糖尿病もしくは検査値で境界線を示す予備軍だと推定されています。ーこの数値は全国平均と比較して高いものですが、一般的な健診では受診率が低く、久山町の健診で行われている糖負荷試験が行われないため、数値に差が出ていると考えられます。

E,高血圧の人は脳血管性認知症になりやすい アルツハイマー病では、高血圧との関連性は認められませんでしたが、脳血管性認知症に関しては、高血圧によって脳卒中のリスクが高くなる調査結果が出ています。


F,喫煙者はアルツハイマー型、脳血管型認知症になりやすい. 中年期から老年期にかけて喫煙をした人は、喫煙をしたことがない人と比べアルツハイマー病の発症リスクが2倍、脳血管性認知症の発症リスクが2.9倍であることが分かっています。ただし、老年期に入ってからでも禁煙をすれば、喫煙したことがない人と同じくらいに発症リスクは下がります。

G,運動は認知症の予防に良い 久山町研究とその後の海外の追跡調査により、運動によってアルツハイマー型認知症のリスクが45%減少することが分かっており、脳血管性認知症でも同様の結果が出ています。

認知症予防に有効な食事. 大豆製品、野菜、海藻類などに加え、乳製品の摂取量が多く、米(糖質)の摂取量が少ない食事が認知症予防に良いことが分かっています。また、果物、イモ類、魚の摂取量が多く、酒の摂取量が少ないという傾向も確認されています。

恐るべき、久山町研究のデータです。これまでに生活習慣と病気との関連や、複数の病気の関連性など様々なことががわかってきました。

特に久山町研究のような疫学調査は、発症メカニズムや治療法がまだ分かっていない病気でも、統計から生活習慣による予防手段を見つけることが可能になるという利点があります。

当然ですが、研究で得られた生活習慣病に対する予防手段は町民に還元され、町民の健康意識の高さにも繋がると同時に日本全体に良い影響を与えることができてきます。