フォローする

便秘の原因?

1、便秘とは

食べた物が、便として出てくるまでの消化器は長さが約9m、中でも腸は6m近くあります。小腸では栄養が消化吸収、大腸で消化されなかった食物から水分を吸収して、便がつくられます。

一般的には、3日以上排便がない、もしくは1週間の排便回数が2回以下の方を便秘と言って良いようです。

症状が軽い場合は生活習慣や食事を見直すことで改善しますが、誤ったケアは症状を悪化させる場合がありますので、症状にあったケアが大事です。

2、便秘の原因は?

便秘の原因は、a,直腸便停滞型 b、大腸運動機能停滞型 c,大腸過緊張型 の3つが考えられます。

直腸便停滞型というのは、便が直腸にあっても排便反射が起こらないタイプです。大腸運動機能低下型というのは、腸管の緊張が緩んでしまい消化器の基本的動きである蠕動運動が充分に行われないために大腸に便が長期に停滞して水分の過剰吸収によって便が固くなるタイプです。そして、大腸過緊張型とは、副交感神経が過度に緊張して大腸の運動がうまくいかず兎糞と呼ばれるようなウンチになってしまうことを指します。

3、便秘改善の食生活

まずは便秘の際には、生で食べられるものを積極的に撮ることが大事です。その理由は、食材に含まれる水分・ビタミン・酵素を多く残した状態で摂取できるからです。当たり前ですが、水分はお腹の中で便が作られる際に多く使われます。また、ビタミンは、善玉菌の働きを活発にし腸内環境を改善します。また酵素は、食べ物の分解や消化吸収をサポートします。

とは言っても、生ものばかりに偏った食事はお腹を冷やしてしまうため、温かいものもバランスよく摂っることは体に大事です。結局はバランスを取ることが必要です。

とここまで書きましたが、ソロソロ午後11時ですので本日はここまでです。明日は食物繊維から書こうと思います。明日から毎日描こうと思っています。今後ともよろしくお願いします。